女性管理職のためのBlog

女性管理職のためのコミュニティを運営しています

レンタカーの返却が1分遅れそうな時、あなたはどうする?

こどもの日ですね〜。健やかに育つ子どもが一人でも多くいる世の中になりますように。

\ブログ訪問ありがとうございます♪/

女性管理職の方々に『癒し』『笑い』『新たな視点』をお届けする、女性管理職のためのコミュニティ A lot of flowers のつっきーです。


◆コミュニティ紹介記事はこちら⇩

a-lot-of-flowers.hatenablog.com


◆HPはこちら
 
◆メルマガ登録はこちら

 

【女性管理職のための交流会】開催予定
話すことは放すこと。仕事の話から趣味の話まで幅広く話しましょう。

・6月16日 14:00〜
女性管理職のための交流会 IN 京都

 

今日は「レンタカーの返却が1分遅れそうな時、あなたはどうする?」です。

 

はじめに

先日、家族と旅行に行った時のこと。レンタカーを巡る価値観の違いにタイプの違いをみたので書いておこうと思います。

ガソリンをどこで入れるか事件

レンタカーは返却時にガソリン満タン返しのプランが多いと思います。そして往々にして満タンにできない場合はガソリン代を少し高く払ってもらいますという契約になっています。

この日のレンタカーの借りる手続きはレンタカー会社の事務所が狭いので手続き者以外外で待っていて欲しいと注意がきがあったので、私は外で待っていて、家族が手続きをしました。

レンタカー返却時間の15分前にはすでに、高速を降りて残り5分くらいでレンタカー会社に到着するというところにいました。ガソリンを入れてもなんとか間に合うと思って胸を撫で下ろしていました。

そんな場面で事件発生です。

私は契約時にもらった書類一式から、レンタカー会社が返却時にガソリンを満タンにするためのガソリンスタンドを指定した紙を見つけました。

その紙には、「必ず指定のガソリンスタンドでガソリンを入れてください」という旨の記載がありました。私はその文言を見て、指定のガソリンスタンド以外でガソリンを入れた場合、嫌な顔をされるか追加料金を取られるかのどちらかだなと思いました

ところが家族は「ここで入れよう」と指定のガソリンスタンド以外を指して言いました。

私は紙に書いてあることと違うことをするのは嫌でした。

私はルールは守りたい派です。そのルールができた背景には何かしらの理由があるからで、ちょっとしたこちらの都合で破りたくはないし、ほんの1キロほど遠いガソリンスタンドで入れてセコイとか、約束を守れるような段取りをできない奴とは思われたくないのです。

それと、私のレンタカーを借りた時の過去の経験から、必ず指定のガソリンスタンドで入れるようにを言われていたこともありました。

家族は「え、なんでダメなの?」と言いながらも、そのガソリンスタンドはやり過ごしてくれました。ですが、「そんなに厳しく言われたことがない」とか「今までは大丈夫だった」と主張してきます。

私はイライラしてきて、車内は空気が重くなりました。

結果、所定のガソリンスタンドに入ることができず、一度レンタカー会社の前を通り抜けてから、所定のガソリンスタンドを探すことになりました。

返却時間が数分遅れそう事件

すぐに見つかったのですが、ガソリンを入れた後、目の前の道が一方通行で遠回りをさせられることになりました。

返却時間に1・2分遅れそう。

私はレンタカー会社に電話を入れようとしましたが、家族は1.2分ぐらいの遅刻なら連絡を入れなくてもいいんじゃないかと言ってきます。

私は家族の意見を無視して、レンタカー会社に連絡し、ガソリンを入れた後に道に迷ってしまい2・3分遅れそうなことを伝えました

仕事でもこんな違いはありませんか?

ここで明らかになったのは、「ルールが守れそうにない時にどう対応したいか?」という考え方の違いです。

私は銀行員という仕事柄、「ルールは私たちを法令違反や大きな事務ミスから守ってくれるものであり、ルールを守っていれば私たちが想定できない不足の事態からも守ってくれる」という価値観を持っていました。

特に仕事でルールを作る側になってからというもの、このルールはお客さまはもとより社員全員が適切に守られているか?ということを考えるのがクセになりました。

時間についての考え方は、法人を相手に仕事をしている方と個人を相手に仕事をしている方とでは考え方が違うのではないかと思うのです。

法人を相手に仕事をしている方はこちらも相手も仕事の一環での約束なので守ってくれる率が高くなりますが、個人を相手にしていると急な予定変更があったり、前の予定が長引いたりと法人よりも約束がずれることが多いのです。

その中でも、1.2分遅れそうなだけで連絡をしてきてくれるお客さまはとても丁寧な方が多く、信頼がおける方が多かった印象です。仕事でもプライベートでも相手を尊重してくれるような印象を受けました

最後に

これはどちらが正しいというものではなくて、どのように考えるのかというタイプの違いだと思いました。

きっちりするのが心地よいのか、少々のことはお互い様を考えるのかの違いです。

どちらが正しいというのがない場合は、自分の心地よい方を選択するほうが良いと思います。

私の場合は、家族が私の意見に合わせてくれたのでありがたかったです。

余談

レンタカーの返却手続きも家族が行ってくれました。

何か長く話しているな〜と思っていたら、出てきた時に「ガソリンを入れるのはここから2、3キロ以内のガソリンスタンドだったらどこでも良かったんだって」と言われました。

私は私が間違っていたということを責められているような気分になり「ムッ」としました。

ムッとしたのは分かったのですが、その理由を言葉にするのに10分〜15分ほど時間がかかりました。その理由は「それなら借りる時に聞いておいて、「〇〇って言ってたから大丈夫」と私が納得する根拠を示してくれたら良かったのに、それは後出しジャンケンじゃないか!」でした。

家族も15分後に言われても「今更なに?」となりそうなので黙ったままにしておきました。

次に同じ事態に遭遇したらちゃんと言葉で説明します!

プライベートのことは仕事にも出ます。私は総じて人よりもルールを守りたいタイプで、ルールを破るなら私が納得する根拠が必要だと知っておくとイライラやムッが減るかもしれないなと思いました。

些細な積み重ねが自分を知るきっかけになってくれてありがたいです。

ということで、今日はこの辺で〜。

最後までお読みいただきありがとうございました!

話す事は放す事。言える事は癒える事。話して、笑って、怒って、泣いて、喜んで。引っ張るタイプも支えるタイプも、スピーディーな人もスローリーな人もみんな一緒に居て応援し合える場を提供します。

◆HPはこちら
◆コミュニティ説明動画はこちら

説明会もやっています。
2024年5月・6月の説明会の予定

・5月17日(金)  20:30〜

・5月25日(土)  20:30〜

・6月15日(土)  20:30〜

・6月21日(金)  20:30~

◆お申し込みはこちら
個別相談会は随時開催中

**************

女性管理職のためのコミュニティ
A lot of flowers 

HP:https://www.reservestock.jp/page/index/47293

**************