女性管理職のためのBlog

女性管理職のためのコミュニティを運営しています

「配属ガチャ」という言葉について思うこと

今日は映画「あまろっく」を観にいきました。兵庫県尼崎市が舞台の映画で、江口のり子さんと中条あやみさんのW主演。笑福亭鶴瓶さんや高畑淳子さんも出演されていました。ハートフルホームコメディでとっても良かったです。

\ブログ訪問ありがとうございます♪/

女性管理職の方々に『癒し』『笑い』『新たな視点』をお届けする、女性管理職のためのコミュニティ A lot of flowers のつっきーです。


◆コミュニティ紹介記事はこちら⇩

a-lot-of-flowers.hatenablog.com


◆HPはこちら
 
◆メルマガ登録はこちら

 

【女性管理職のための交流会】開催予定
話すことは放すこと。仕事の話から趣味の話まで幅広く話しましょう。

・6月16日 14:00〜
女性管理職のための交流会 IN 京都

 

今日は「「配属ガチャ」という言葉について思うこと」です。

はじめに

配属ガチャですぐに辞めたという新入社員のコメントを載せている記事を見ました。

その記事は、希望通りの配属先ではなかったから「配属ガチャで希望の部署に配属されなかったので辞めました」というものでした。

「配属ガチャ」って嫌な言葉だなと思ったので、思うところを書いてみようと思います。

配属は「ガチャ」なのか?

親ガチャとか上司ガチャとかいう言葉があります。自分が選んでいないのにハズレを引いたという意味だと思っています。

配属についても同じように捉えていて「誰かに決められていて自分の希望が入る余地がない」ということだと思います。

これに関しては「会社によって違う」と思います。

特に、若手が大切にされるこのご時世、採用にコストを使っているにもかかわらず、簡単に辞めて欲しい会社なんてどこにもありません。

採用担当や人事担当がよく見ていて、配属先を決めていると思います。その人の能力、性格、部署の相性、人間関係、同期との調整等々。そこに配属されたことについて、全く自分の責任ではないというのはちょっと違うと思うのです。

客観的に見て、そこに配置されるだけの理由があったと思うのです。

配属がガチャだと思う新入社員について

「教育不足」に尽きると思います。就職活動をする前に、会社とはどういう場所かということを教えていない結果だと思います。

アメリカと違って、日本は即戦力ではなく、「1から手取り足取り教えてもらえて、首は切られない」という仕組みのどこに自分の希望が通る余地が残っているのかと思います。

これは少し会社で働けばわかることであって(もしかしたら少し働いても分からない人が増えているのかもしれませんが)、大人である誰かが教えないといけないと思うのです。

臆面もなく「配属ガチャ」といって仕事を辞めることを悪いとは言いませんが、「あなたに配属ガチャと言える実力が伴っているのですか?」ということは客観的に見ることができるようになっていて欲しいなと思うのです。

そしてもう一つ、自分の要望が全て通ると思っている人は会社にとっては正直、お荷物になると思います。そういった耳に痛い事実を伝える教育が大学在学中にあってもいいと思うのです。

新入社員にどう対処すべきか

本音で言えば、対処しなくても良いだと思います。

「配属はガチャでない」ことに自ら気付ける力がある人しか会社に残ってほしくないからです。数日勤めただけで辞める人は辞めてもらう方が会社のためだと思います。

ただ、全く対処しないというのも今の世の中では難しいと思うので、しっかりと新入社員の話を聞くことだけはやっておいた方がいいかなと思います。

最後に

半年に一度大学で講義をやっているのですが、就活を中心にお話をしていましたが、「配属ガチャ」についても話をしておかないといけないなと思いました。

そういえばもう8年ほど前、ゼミの総会に出席した時に、当時ある企業で働き始めて2年目の女性が仕事の話を私にしてきたことがありました。「私の会社ブラック企業なんです!残業が毎日7時まであるんです」と私が同意すると信じて疑わないトーンで話しかけてきました。私は、「それは残業代は出ているの?」と聞くと出ていると言います。私の中ではその会社はホワイト企業判定だったので、「残業があったとしても残業代が出るのはブラックではないよ」というと驚いた顔をしていました。

会社や年代が違えば、考え方が大きく違うんだなと思った出来事でした。そして、そういう人が自分の部下になるのは嫌だなと思った覚えがあります。

働く会社に不満ばかりを言って感謝を持たない人は部下に欲しくないです。

配属ガチャという言葉が新入社員から消えることを願っています。

では今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました!

話す事は放す事。言える事は癒える事。話して、笑って、怒って、泣いて、喜んで。引っ張るタイプも支えるタイプも、スピーディーな人もスローリーな人もみんな一緒に居て応援し合える場を提供します。

◆HPはこちら
◆コミュニティ説明動画はこちら

説明会もやっています。
2024年5月・6月の説明会の予定

・5月17日(金)  20:30〜

・5月25日(土)  20:30〜

・6月15日(土)  20:30〜

・6月21日(金)  20:30~

◆お申し込みはこちら
個別相談会は随時開催中

**************

女性管理職のためのコミュニティ
A lot of flowers 

HP:https://www.reservestock.jp/page/index/47293

**************