女性管理職のためのBlog

女性管理職のためのコミュニティを運営しています

部下のチカラを100%発揮するには

5月になりました。なのに、今日は寒かった!

\ブログ訪問ありがとうございます♪/

女性管理職の方々に『癒し』『笑い』『新たな視点』をお届けする、女性管理職のためのコミュニティ A lot of flowers のつっきーです。


◆コミュニティ紹介記事はこちら⇩

a-lot-of-flowers.hatenablog.com


◆HPはこちら
 
◆メルマガ登録はこちら

 

【女性管理職のための交流会】開催予定
話すことは放すこと。仕事の話から趣味の話まで幅広く話しましょう。

・6月16日 14:00〜
女性管理職のための交流会 IN 京都

 

今日は「部下のチカラを100%発揮するには」です。

はじめに

昨日のブログでは「上司の器以上の働くことは時にマイナスになる」というテーマで書きました。

じゃあ、部下のチカラを100%発揮させる方法はどんな方法なのか?ということを考えたいと思います。

いろんな考え方があるのですが、、今、私が思っていることを書きます。

ですので、一つの個人的見解としてお読みください。

 

a-lot-of-flowers.hatenablog.com

 

部下はどれくらいチカラを発揮したいのか

まずは、部下が本当に100%のチカラを発揮したいと思っているのか、部下はどのレベルを自分の100%と思っているのか、それに対して上司である自分の見立てはどれくらい乖離しているのかを見る必要があると思います。

・部下は何%のチカラを発揮して働きたいのか?(主観と客観)

・部下は自分がどれくらい仕事ができる(自分のレベル)と思っているのか?(主観と客観)

例えば、

部下は80%の力で働きたいと思っていて、実際の発揮も80%だったとします。上司は100%を求めるなら乖離は20%セントです。そんな時、部下からすると上司が100%で働いてほしいというのは困るので、仕事をセーブしようとしにかかります。ここで攻防があるかもしれません。

例えば、

部下は自分の仕事のレベルが80%で実際の仕事のレベルも80%だったとします。上司が部下はもう100%のレベルを見ているとすると。難易度の低い仕事しか任せられないかもしれません。

ちょっと困るのが、部下の働きや仕事レベルの主観と客観が異なる場合です。

部下は100%の力で働いていると思っていても、客観的に相対評価にすると80%の場合自分は評価されていないと思います。

部下が仕事のレベルが80%だと思っていて、客観視点・上司視点ともに100%だとすると、仕事をしっかりしてくれているにも関わらず、まだまだ自信がありませんということになります。

実際は数字で出すのは難しいのですが、自分なりに数値化してみたら、自分が思っていることを見える化することができると思います。

私の事例

自分自身が、100%のチカラを発揮した時はどういう状況だったかというと、上司に仕事をたくさん降られた時でした。

配慮も何もなく、たくさんたくさんの仕事が自分の仕事になった時、100%〜120%のチカラで働きました。

100%のチカラを発揮する前の自分は、50%くらいのチカラで働いていたのですが、面白くなくて。80%〜90%の力で働きたいなと思っていました。そうすると120%の仕事がやってきた、こういう感じです。

ただ、結果的に私は80%の仕事をするよりも120%の仕事を課せられる方が仕事に集中することができるので良かったと思っています。
四柱推命では仕事大好き人間とでます。笑

ということは自分の思考が自分の本質を捉えていなくて、結果上司の無茶振りが私にたまたまハマったということだと思います。

*たまたまなのか、計算してなのかは分かりませんが。

私の部下の事例

私が上司だった時に育成に成功した部下の事例です。
私は部下に気を使いすぎるタイプなので部下の育成には成功してないのですが、そこそこうまく行った事例を書いてみたい思います。
*部下の成長より自分の成長が好物だった

いずれも実力よりも周りから過小評価されていて、そして部下自身も自分のことを過小評価していた部下の育成は上手くいきました。

私が思う正当な評価を実施し、感謝を伝え、やる気を伸ばすという方法でした。

というか、このパターンしか成功してないかも……

部下の個性に合わせる

思い出しながら書いてきましたが、結論は「部下の個性に合わせて育てる」ということかなと思います。

私みたいに職場を道場を思っているタイプには仕事をどんどん与えればいいと思いますし、

誰かのために頑張る時にチカラが発揮されるタイプにはしっかり寄り添I、雑談等の日頃のコミュニケーションが大事になりますし、

自由にさせて、すごいな!さすがだな!と褒めて育てたらぐんぐん伸びるタイプもいます。

自分と同じタイプは育成も成功しますが、そうでなければ通じ合えないこともあります。1/3の人は成功するということでしょうか。

上司であるあなたの得意な方法で部下のことを【話してよく知って・観察して・感性で感じて】ください。

ということで、今日も最後までお読みいただきありがとうございました〜!

話す事は放す事。言える事は癒える事。話して、笑って、怒って、泣いて、喜んで。引っ張るタイプも支えるタイプも、スピーディーな人もスローリーな人もみんな一緒に居て応援し合える場を提供します。

◆HPはこちら
◆コミュニティ説明動画はこちら

説明会もやっています。
2024年5月・6月の説明会の予定

・5月17日(金)  20:30〜

・5月25日(土)  20:30〜

・6月15日(土)  20:30〜

・6月21日(金)  20:30~

◆お申し込みはこちら
個別相談会は随時開催中

**************

女性管理職のためのコミュニティ
A lot of flowers 

HP:https://www.reservestock.jp/page/index/47293

**************