女性管理職のためのBlog

女性管理職のためのコミュニティを運営しています

管理職にしかできないこと

今日こそは甲子園球場に来ているWBC優勝トロフィーを見にいきたい!と思い、偵察に行ってきましたが160分待ちで諦めました。

\ブログ訪問ありがとうございます♪/

女性管理職の方々に『癒し』『笑い』『新たな視点』をお届けする、女性管理職のためのコミュニティ A lot of flowers のつっきーです。

 ・HPはこちら

今日は「管理職にしかできないこと」です。

はじめに

昨日、梅田に用事があり出かけた時のことです。地下1階から地上に上がるのに、阪急百貨店の横にある6列のエスカレーターを使うことにしました。

阪急百貨店の食料品売り場を通り過ぎ、地下一階の角を曲がると、エスカレーター全体が見渡せます。6列あり、少し長めのエスカレーターなので、一気に視界が開ける感じがします。

私が使おうと思ったエスカレーターはみんな右側に並び、左側を開けていました。大阪では右側に並ぶのがマナーなので当たり前の光景なのです。

ですが、私はあることを聞いてからこの光景に違和感を覚えることになりました。

エレベーターの真実

「一方停止・一方歩き」と「2列停止」はどちらが速いか比較をした構造研究計画所が行ったある実験シミュレーションがあります。

<前提条件>

エスカレーターは全長30m
 商業施設にある1フロア分のエスカレーターは10m前後なのでかなり長いです。

⒉利用客は350人

⒊歩く人は30%
 駅のエスカレーターを利用する人の行動を研修した論文を参考にされたそうです。

⒋2列停止は1段に2人が乗る。
 前後の間隔は1段空けます

⒌歩く人は前後の2段空ける

 

<結果>

・「2列停止」が6分49秒

・「一方停止・一方歩き」が7分35秒

2列停止の方が46秒も速いんです。

ちなみにこのシミュレーションでは単位時間あたりの輸送人員が変わらないため、エスカレーターの長さを変えても同じ結果になります。

ただ、エスカレーターが短い場合は歩く人が増えると予想され、シミュレーションの結果は変わってくるそうです。

片側を空けるようになったきっかけ

最初にエスカレーターが設置されたのは大正時代だそうです。昭和30年台くらいまでは「楽に登り、楽しむ」ためのものとして客寄せの道具たっだとか。

状況が変わったのは昭和の高度経済成長期に大阪の阪急梅田駅に歩く歩道とエスカレーターが登場した際、「先を急ぐ人のため、左側をお空けください」とアナウンスされたのがきっかけとのこと。
お、偶然にも梅田の阪急じゃないか!

最近のエスカレーター事情

最近、エスカレーターを使う時に思うのが、もし2列停止で使っていたとしても、誰も文句を言わないのではないか?ということです。

たまに2列停止で立っている人がいても、「すいません」といって避けさせることをしている人は見ません。歩く人も、左は歩く人のものと思っているわけではなく、空いているなら速い方がいいから歩こういう人も多いと思います。

それであればたくさん人が立てる2列停止の方が、人にぶつかっることもなく、避けてもらう必要もないし、みんなにとってベターなのではないかと思うのです。
*特に新大阪の駅で新幹線降りた直後はそう思う。大半の方がスーツケースを持っているのでエスカレーターを歩く人は少ないし、スーツケースの分だけ人が立てる段が減るのでより時間がかかる。

片側を空けているのはもはや礼儀でしかないのではないかと思ったりします。

マナーを変えるのは大変

最近は「エスカレーターを歩くのは危険ですので立ち止まってご利用ください」とアナウンスがされ、2列停止を広げようとしているのかなと感じます。ただ私が見ている限りでは思っているほど広がっていません。

多くの人の意識を変えるのはコツコツと賛同者を増やし、周りからの目にも耐えながら2列停止を続ける行動が必要です。

一気にマナーが変わったこと

覚えていますか?15年ほど前は男性は真夏でも長袖のワイシャツに背広にネクタイで歩いていたことを。

そのマナーが変わったのがクールビズが広まった2011年。
東日本大震災で電力不足が叫ばれ、政府の強い要請により大企業がこぞってクールビズを推進しました。

その結果、今やノージャケット・ノーネクタイ・半袖姿も見慣れた光景となりました。夏の軽装はもはや当たり前です。

未だにお詫びの時はジャケットにネクタイが主流ですが、それもいずれ無くなるのではないかと思います。

まとめ

何かのきっかけで世間全体に広まったマナーは、その意味を失っても習慣として残っている。

そうして習慣になったものはそれが今の時代に合っていないと思っていても変えるには相当の時間と想いが必要

権限を持っている人がトップダウンで変えてるなら速い

最後に

今回はエスカレーターのことを取り上げましたが、その他にも同じようなことがそこかしこで起こっていると思います。

それは社内でもあるのではないでしょうか?

会社内は世間と違い、権限を持っている人の一声で変わることがあります。

習慣化してしまい、疑問を持たずに従ってしまう。
それも良いとは思いますが、もし社内でおかしいなと思うことがあれば、変えてみてはいかがでしょう?

管理職なら、そういう面白さも体験もできますね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

話す事は放す事。言える事は癒える事。話して、笑って、怒って、泣いて、喜んで。引っ張るタイプも支えるタイプも、スピーディーな人もスローリーな人もみんな一緒に居て応援し合える場を提供します。

 ・HPはこちら

説明会もやっています。

 ・日程の確認はこちら

2023年4月5月の説明会の予定

・4月19日(水) 20:30〜

・4月24日(月) 20:30〜

・5月3日(水・祝)10:00〜

・5月13日(土) 14:00〜

・5月17日(水) 20:30〜

・5月26日(金) 20:30〜

個別相談会は随時開催中

**************

女性管理職のためのコミュニティ
A lot of flowers 

**************